top of page
  • 執筆者の写真

アデレード:賃貸契約期間中の物件

賃貸契約期間中の物件を購入する場合、以下の2つのケースが当てはまるかと思います。 1)引渡日までに賃貸契約が終了する 2)賃貸契約を引き継ぐ


名義変更の観点からみると、

ケース1の場合、追加で必要な作業は特にありません。物件がきちんと清掃され、問題がないことを管理会社(または売主)が確認したのちにセトルが行われることが理想です。


ケース2の場合、購入者は「賃貸物件の管理を誰がするのか」を決める必要があります。選択肢としては、管理会社に任せるか自身で管理するかの2択になります。 管理会社と契約する場合には、その管理会社とエージェント契約を結びます。引渡日までに管理会社を決め、コンベイヤンサーに伝えます。 自身で管理する場合、家主としての義務・権利を理解して、しかるべき手続きを関係各所と行うことになります。コンベイヤンサーには、自身で管理する旨を伝えます。セトル当日には鍵の受け取りなど行うべき事項があります。


管理会社をどこにしたらいいのかわからない、そんな時はご一報ください。



最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page